様々な年代の女性が気にしている本当の出会いとは

この時は、出会い系サイトの活用している十代から三十代まで幅広い女性に取材を行いました。
そろっているのは、旦那さんがいるA、三股成功中のギャルっぽいB、夜のお仕事をしているD,最後に、国立大に通うE。銀座にある反射療法のサロンの応接係C、
本当のところ、三十代女性限定で五人を集合させたかったんですが当日になってキャンセルが入ってしまい、さっさと駅前で「出会い系サイトに関するインタビューをしたいので、時間をいただけないか」と数十人の女性にトライして、いかがわしいキャッチにも、スルーせずにいてくれた、十代のEさん含め五人としました。
一番に、筆者よりも先にトップバッターに躍り出たのは3人の異性と同時に関係を持っているBさん。
三十代のギャルB「出会い系サイトなんですけど、「みんな何がきっかけで登録したんですか?私はお金がほしくて今は三人から貢いでもらってます。
楽しそうに暴露するBさんに他の4人もためらいながら自分の経験を明かし始めました。
A(夫がいる)「私については、ただ単に不倫がしたくて利用し始めたんですよ。倫理的にいけないことだって分かっているけど、やっぱりさびしくなっちゃって。」
B「一旦ハマるとすっかり頼っちゃいますよね」
筆者「ATM探して出会い系サイトに書き込む女性がたくさんいるんでしょうか?」
B「お金入らなきゃこんなに依存しませんよ」
それから、水商売のDさんが何気なく、男にとってとてもシビアな語りました。

真実の出会いは騙されないのが重要

D(キャバクラ在籍)「高級なバッグとかちょうだいって言ったら簡単じゃないですか?わたしは、数人別々に同じ誕生日プレゼントおねだりして1個だけ取っておいて売却用に分けるよ」
筆者「うそ?プレゼントそんなことになっていたなんて」
D(キャバ嬢をしている)「でもさ、ふつうオークションだしますよ。クローゼットに入れてても案外場所取るし、流行遅れにならないうちに欲しい人に買ってもらった方がバッグだって悲しいだろうし」
E(十代、学生)ごめんなさい。わたしなんですが、質に流すタイプです」
C(銀座のサロン受付担当者)「出会い系サイトって複数の使い方知りませんでした…私は今まで何かプレゼントされたりとかはないんですよ」
筆者「Cさんの体験談を詳しく聞きましょう。ネットの出会いでどんな人とメッセージのやり取りをしたんですか?
C「ブランド物を相手には巡り合ってないです。多くの場合、イケてない感じでおしゃべりなんて問題じゃないんです。わたしなんですが、出会い系サイトとはいえ、恋活のつもりでやり取りをしていたのに体だけ求められても困りますね」
筆者「出会い系サイトを使って、どんな出会いを知り合いたいんですか?
C「一番いいのは、言われそうですけど、医療関係者とか法律関係の方とか国立大いるような優秀な男性がいいです。
E(現役国立大学生)わたしはですね、国立大で勉強していますが、出会い系サイトの中にも優秀な人がいないわけではないです。けど、偏りが激しい人間ばっかり。」
出会い系サイトを見ると、オタクに関して敬遠する女性がどういうわけか少なくないようです。
サブカルに抵抗がなくなってきているかに思われがちな日本でもまだ一般の人には感覚は育っていないようです。

Categories: 騙されない方法